月別アーカイブ: 2018年7月

損害賠償を行う人は誰か

Published / by admin

遺影実際に交通事故の被害者がお亡くなりになられた場合、死亡事故の場合は誰が損害賠償の請求を行うのでしょうか。交通事故の損害賠償請求は本人がするものですが、死亡事故に関しては本人が請求を行うことができないことから、被害者の相続人が行う者になります。相続人になる順位・相続分については民法の規定通りになります。

遺族の慰謝料請求権は被害者の父や母、それと配偶者や子供と規定されています。しかし、それ以外のパターンもあり兄弟や姉妹、祖父母に慰謝料の請求権が認められた場合があります。慰謝料を受け取る権利がいる人が複数人いる場合は加害者と交渉をすることに加えて権利を持っている人同士の調整が必要になりますが、素人にはなかなかできるものではありません。そのことから、弁護士などの専門家に相談をして、手続きなどを行うのが得策になります

相続人は民法によって順位が決められていますが、第1順位の相続人は子供のことから被害者に配偶者と子供がいた場合は子供が法定相続人になり、配偶者と子供が加害者に対して賠償金請求や交渉をすることになります。このように死亡事故が起きると誰が賠償を請求できるのか、賠償金を受け取ることができるのかがわからないケースが多いだけでなく、賠償金の分配方法もわからないケースがあります。そのことを理解しておくこともあることから、専門家への相談が必須になります。

加害者に請求できる項目

Published / by admin

葬儀交通事故で死亡した場合の加害者に請求できる項目について説明します。死亡事故を受けてしまった場合の損害賠償は傷害を負った場合と同様に積極損害と消極損害の2つに分けられます。積極損害とは実際に支払いをした費用で死亡するまでの間の治療費や入院費、葬儀費などがあげられます。それ以外にも入院する時の家族の駆けつけ費用などが認められる場合もあるので、領収書は全て揃えた上で弁護士などの専門家に相談することがおすすめされています。

被害者が交通事故で死亡した場合に加害者に対して請求できる損害賠償は葬儀費用・逸失利益・慰謝料の3点です。自賠責費用の場合葬儀費用は60万円が限度とされていますが、領収書などが保管されていれば必要で妥当な実費として100万円まで認められます。認められる費用は通夜や火葬、墓石などの費用で参列者の交通費などは費用として認められません。

交通事故によって被害者がなくなってしまった場合には慰謝料に2種類の規定があります。自賠責保険の支払いの基準によると以下の2つの金額が認められていて被害者本人の慰謝料と遺族の慰謝料になります。また、このような慰謝料は弁護士による基準ではさらに高額の慰謝料となります。このように交通事故で死亡してしまった場合に請求できる費用は色々なものがあるので請求書は捨てずにとっておくことが大切になります。

交通事故の死亡事故の慰謝料

Published / by admin

交通事故でもしも死亡した場合の慰謝料請求について説明します。いざ交通事故にあってしまい死亡してしまった場合どんなことを加害者に請求できるのでしょうか。また、損害賠償を行う人は誰になるのでしょうか。このページではこの2点を説明しています。

相談まずは交通事故で死亡した場合の加害者に請求できる項目について説明をしています。死亡事故を受けてしまった場合の損害賠償は傷害を負ってしまった場合と同様に積極傷害と消極傷害の2つにわけられます。積極被害は死亡するまでの間の治療費や入院費、そして葬儀費になります。それ以外にも入院する時の家族の駆けつけ費用が認められている場合もあります。そのため、領収書を揃えた上で弁護士などの専門家に相談することを当サイトではおすすめしています。

また、実際に交通事故の被害者がお亡くなりになられた場合は死亡事故の場合は損害賠償請求をするべき本人がお亡くなりになられている状態なので例外的に死亡事故に関しては被害者の相続人が行うという形になります。相続人の順位や相続する分については民法の規定通りに行われています

慰謝料の請求県は被害者の父や母、配偶者や子供と規定されていますがそれ以外のパターンもあり兄弟や姉妹、祖父母に対して慰謝料の請求権が認められた場合もあります。慰謝料を受け取る権利がいる人が複数人いる場合は加害者と交渉すること以外にも権利を持っている人同士の調整も必要になるので弁護士などの専門家に相談することが得策になります。