交通事故の死亡事故の慰謝料

交通事故でもしも死亡した場合の慰謝料請求について説明します。いざ交通事故にあってしまい死亡してしまった場合どんなことを加害者に請求できるのでしょうか。また、損害賠償を行う人は誰になるのでしょうか。このページではこの2点を説明しています。

相談まずは交通事故で死亡した場合の加害者に請求できる項目について説明をしています。死亡事故を受けてしまった場合の損害賠償は傷害を負ってしまった場合と同様に積極傷害と消極傷害の2つにわけられます。積極被害は死亡するまでの間の治療費や入院費、そして葬儀費になります。それ以外にも入院する時の家族の駆けつけ費用が認められている場合もあります。そのため、領収書を揃えた上で弁護士などの専門家に相談することを当サイトではおすすめしています。

また、実際に交通事故の被害者がお亡くなりになられた場合は死亡事故の場合は損害賠償請求をするべき本人がお亡くなりになられている状態なので例外的に死亡事故に関しては被害者の相続人が行うという形になります。相続人の順位や相続する分については民法の規定通りに行われています

慰謝料の請求県は被害者の父や母、配偶者や子供と規定されていますがそれ以外のパターンもあり兄弟や姉妹、祖父母に対して慰謝料の請求権が認められた場合もあります。慰謝料を受け取る権利がいる人が複数人いる場合は加害者と交渉すること以外にも権利を持っている人同士の調整も必要になるので弁護士などの専門家に相談することが得策になります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket