損害賠償を行う人は誰か

遺影実際に交通事故の被害者がお亡くなりになられた場合、死亡事故の場合は誰が損害賠償の請求を行うのでしょうか。交通事故の損害賠償請求は本人がするものですが、死亡事故に関しては本人が請求を行うことができないことから、被害者の相続人が行う者になります。相続人になる順位・相続分については民法の規定通りになります。

遺族の慰謝料請求権は被害者の父や母、それと配偶者や子供と規定されています。しかし、それ以外のパターンもあり兄弟や姉妹、祖父母に慰謝料の請求権が認められた場合があります。慰謝料を受け取る権利がいる人が複数人いる場合は加害者と交渉をすることに加えて権利を持っている人同士の調整が必要になりますが、素人にはなかなかできるものではありません。そのことから、弁護士などの専門家に相談をして、手続きなどを行うのが得策になります

相続人は民法によって順位が決められていますが、第1順位の相続人は子供のことから被害者に配偶者と子供がいた場合は子供が法定相続人になり、配偶者と子供が加害者に対して賠償金請求や交渉をすることになります。このように死亡事故が起きると誰が賠償を請求できるのか、賠償金を受け取ることができるのかがわからないケースが多いだけでなく、賠償金の分配方法もわからないケースがあります。そのことを理解しておくこともあることから、専門家への相談が必須になります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket